サイトメニュー

アメリカが開発した施術

顔に触れる女性

安全な美容成分です

小顔治療を注射で行うときには、ボトックスを注入します。ボトックスはボツリヌストキシンという成分で、筋肉の働きを弱くすることが可能です。ボトックスを注入すれば、顔の咬筋の動きを委縮させて小顔にします。アメリカで開発された方法で、医療成分として日本でも厚生労働省の認可を受けている成分です。従って、安全性の高い成分をアゴやエラに注入して顔を小さくする施術と言えます。ボトックス注射を打って小顔になれるかどうかの診断は、美容整形の医者が行います。顔の輪郭には個人差があるので、注射だけで顔を小さくできるかはわかりません。注射のみの治療で小顔になれると医者が診察すれば、おすすめの治療法と言えるでしょう。薬剤として安全性が立証されていますし、顔への負担も少なく、傷跡が残ることもありません。近年はフェイスラインを美しくしたい患者が増えており、その場合にはエラに注射を行います。成分が筋肉に作用して少しずつ効果が現れる治療法なので、即効性はありません。効果が現れ始める時期については、カウンセリングで医者から十分に説明を受けたほうが良いでしょう。美容外科の技術力によっても違いがあるので、少しでも早く効果を得たい人は短期間で小顔になれるクリニックを選ぶべきです。美容外科で小顔になる施術の中で、一番安全な方法がボトックス注射です。美容整形に慣れていない患者ならば、いきなりメスで顔を切る方法ではなく、注射の施術がおすすめです。注射では針の大きさで跡が残る範囲が変わるために、極細の注射針を採用している美容外科が良いです。また、ボトックスを製造している国は主にアメリカですが、韓国製なども存在しています。アメリカ製の薬剤のほうが信頼性が高いので、どこの薬剤メーカーの成分を使用するのか明らかにしている美容外科で施術を受けましょう。品質の低い薬剤を注入しても効果が低い可能性があるために、製造元の確認を行うことが大事です。小顔になるには、顔のどの場所にボトックス注射をするのかも重要です。正確な技術力のある医者が所属している美容外科か情報を収集したり、施術を受けた人の写真をホームページに載せていたりしているところのほうが信用できます。写真があれば自分が施術をした際の姿をイメージしやすい点もメリットです。ボトックスの作用は永続的なものではなく、一時的な効果を得る治療です。そのために効果が切れてきたときに再び美容外科に通って注射を打つ覚悟を持って、施術をするかを決めるようにしましょう。1度の注射で長ければ1年ほどの効果があるので、頻繁に施術しなければいけないわけではありません。